リンガルブラケットについて

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

リンガルブラケットについて

リンガルブラケットとは矯正治療の際に用いる装置を歯の表側ではなく、舌側に取り付ける治療方法を指します。表側矯正をブラケットタイプと呼ぶのに対し、舌側矯正はリンガルブラケットと呼び分けられています。

成人してから矯正治療を行なう時に矯正装置が見えてしまうことが原因で、治療を躊躇する方も少なくありません。どちらの矯正治療も装置を用いて歯を徐々に動かしていく治療に変わりはありませんが、リンガルブラケットは装置を舌側に取り付けるため表から見えにくく、治療中であっても見た目を気にする必要はありません。さらに一般的にはあまり知られていませんが、唾液の作用により歯の裏側は虫歯になりにくいため、装置を付けることで起きる虫歯や歯周病も軽減できるといわれています。

また、歯並びが悪くなる原因のひとつとして、「無意識に舌で歯を押してしまうクセ」が挙げられますが、矯正後もこのクセが原因で再び歯並びが悪くなる場合もあります。その点、リンガルブラケットは装置が舌側にあるため、舌を装置に付けないように意識することで、舌で歯を押すクセがつくことなく治療を進められます。

さらにリンガルブラケットは日本人に多い歯の症状に幅広く対応できるのも利点のひとつです。
日本人には八重歯が多くありますが、突出している八重歯に表側矯正の装置を使用すると、喋ったり笑ったりした際に口内や唇を損傷する確率が高くなります。リンガルブラケットでは舌側に装置を使用するため、口内を切ったりすることがありません。八重歯にも安全に対応できるのが大きな特徴といえます。

リンガルブラケットと同じように装置が見えないマウスピース矯正もありますが、この治療法では難しい症例には対応ができません。装置が目立たない状態で、難易度の高い矯正治療に対応するためにはリンガルブラケットが適しているといえるでしょう。

日本臨床矯正歯科医会リンク集