保険適用される矯正治療とは

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診カウンセリングのご予約はコチラワンクリックで予約出来ます!! 初診カウンセリングのご予約はコチラワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

保険適用される矯正治療とは

歯の矯正治療をしたい、そうお考えの方が一番ネックに感じている点は、矯正治療に掛かる金額ではないでしょう。矯正治療は終了するまでに数十万から百万前後かかることもあり、躊躇される方も多いと思います。しかし、矯正治療でも保険が適用されるケースがあります。ここでは、保険の適用条件についてご紹介します。

通常の矯正歯科治療は、歯並びや見た目を美しくキレイにしたいという「審美的治療」の側面が強いため、自由診療扱いで保険は適用されません。
とはいえ矯正歯科治療は、噛み合わせや健康も考慮した治療でもありますので、保険適用されないことに疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そのため保険適用条件はしっかりと定められており、外科手術が必要な顎変形症や厚生労働省の定める先天性疾患などによる咬合異常によって「健康面の改善が必要とする治療」が認められた場合のみとなっています。つまり正式な病名がついている場合に保険が適用されます。

例えば、顎変形症や先天性疾患により噛み合わせが不整合なために咀嚼ができず食事もままならない、歯並びが悪いために舌が通常のように機能せず、発音が不明瞭で意思疎通に問題が発生しているなど、口腔内に異常が発生し日常生活に支障をきたす重大な障害と見なされる場合に保険が適用されます。
厚生労働省の定める先天性疾患は、唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)・ゴールデンハー症候群・鎖骨頭蓋骨異形成など50疾患が対象となりますが 、それ以外で一般的に多いのは著しい上顎前突、下顎前突、6本以上の欠損歯がある人となっています。

自分では気付きにくい変形もあり、矯正専門医に診断をしてもらって初めて分かるというケースもあります。保険適用の顎変形症は、「口腔機能診断施設」として指定されている医療機関に出向き、診断と認定を受け、治療には顎の骨を切断するという外科手術を伴うものだと証明されなければいけません。ご自身の症状が保険適用内か気になる方は、一度当院にご相談ください。

日本臨床矯正歯科医会リンク集