矯正の後戻りに関して

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

矯正の後戻りに関して

私たち人間の身体はとても不思議なもので、例えば傷を負った部位は、自分の力で修復しようとします。また、風邪やインフルエンザなどの感染症に罹ったならば、身体の中でそのウイルスを退治するべく様々な免疫機能が働きます。こうした自分をメンテナンスする力を回復力とか、治癒能力などと称します。

治癒能力は悪いものに対して作用することで良い影響をもたらす印象があります。ただし、矯正歯科治療に関しては、歯並びや関節の矯正措置を行なったにもかかわらず、その状態が固まっていない場合、歯を元の位置に戻そうとする「後戻り」という現象が起こります。

矯正前の歯並びが悪かったとして、歯はその悪い歯並びの状態で長い間慣れてしまっていると、いくら歯並びを整えていてもその状態に戻ろうとします。後戻りの有無は個人差がありますが保定をしないと多くの患者さんが後戻りを起こします。どうしても矯正の後戻りというのは起こりうる現象なのです。
そのため、歯並びや噛み合わせが改善された状態であっても矯正治療後に、後戻りを防止するリテーナーと呼ばれる保定装置を数年間装着し、定期的に経過を観察していきます。

また、舌で前歯を押し出してしまう癖(いわゆる舌癖)がある患者さんは、矯正治療終了までにその癖を治しておかないと、保定中の前歯が前方に押し出されて、後戻りを起こしてしまいます。同じく常に唇を閉じておけるよう、リップトレーニングをしておかないと、開いた唇が出やすくなっていまいます。
そのため、歯を動かす矯正治療だけでなく、舌や唇のメンテナンスも欠かさないようにしなければ、良い歯並びを長年保定することはできません。

矯正治療は、こうした後戻り防止を含めた治療計画を立て、進めています。矯正の後戻りは個々の体質によって違いがあります。ですから自己判断で治療をやめてしまうと矯正後の後戻りも起こりやすくなってしまいます。美しい状態を保つためには、歯科医院による適切な指導とメンテナンスを欠かさないことが大切です。

日本臨床矯正歯科医会リンク集