出っ歯(上顎前突)とは

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

出っ歯(上顎前突)とは

前歯が出ている、いわゆる出っ歯の状態にあることを医学的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。この上顎前突は、前歯が前に突き出すようになるため、口呼吸や顎関節へ大きな影響を与える恐れがあります。
そのままにしておくと、虫歯や歯周病など様々な感染症にかかりやすくなったり、顎関節症や偏頭痛の原因にもなったりする厄介なものなのです。

上顎前突は、出ている前歯を矯正すれば治るとお考えの方もいるかもしれませんが、そんなに簡単な話ではありません。その理由は、上顎前突の原因は単に歯の生え方だけが問題なのではなく、上顎骨が過成長、下顎骨が劣成長、両者合わせ持っている場合に生じる症状だからです。

なぜ、上顎が下顎よりも大きくなったり、前にせり出したりしてしまうのかという点は、個々人それぞれの状態によります。例えば遺伝的な問題です。
本来は、人間の身体はバランスよく骨格が構成されているものですが、体質や遺伝によってその配置には違いが生じるため、どうしても生まれつき上顎の方が大きいという場合も起こりうるのです。

上顎前突は、大人になってから起こる場合もありますが、治療するなら幼少期に開始すると効果的です。幼少期はまだ骨が柔らかい状態にあり、適切な矯正治療を行うことで、骨の構成を正しい位置に配置させることができ、その結果として上顎前突が改善されると言われています。

上顎前突によって口が半開きになりやすいという方の場合、口呼吸から色々な感染症のリスクが高くなり、口臭の問題が生じることもあります。上顎前突を改善する悩みが大きくなる前に、矯正専門開業医で上顎前突を改善することをおすすめします。

日本臨床矯正歯科医会リンク集