外科矯正について

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

外科矯正について

口腔内の悩みは多々あると思いますが、一般的な矯正歯科治療のみで歯並びや噛み合わせの改善が難しい場合や、顎関節などにかかる負担が大きい場合、外科手術を併用した「外科矯正」によって症状を改善させる方法をとる場合があります。

上顎前突症、上顎後退症、下顎前突症、下顎後退症、開咬症、顎骨非対称症など、顎自体が上下、左右、前後に大きくずれている顎変形症がみられる患者様や、一般的な矯正歯科治療のみでの改善が期待できないと診断された場合、外科手術を併用した外科矯正を行ないます。

外科矯正を伴う治療は通常、手術前の術前矯正→外科手術→術後矯正→保定といった流れで行ないます。

外科矯正と聞くと、外科手術も加わる治療なので、少し不安に感じる方もおられると思いますが、外科手術以前の最初の処置では矯正歯科を行なって、その中でひと手間、一押しを外科手術として加えるイメージでお考えいただければと思います。手術に関しては症状によりますが、10~14日ほどの入院が目安となっています。手術後に再度矯正歯科による調整をおこなって終了となります。
顎変形症など一部の症状については、厚労省が定めた顎口腔機能診断施設で指定された矯正歯科治療を受けた場合、保険適用の対象となる場合もあります。

顎変形症は噛み合わせや顎関節などだけでなく、見た目の印象などでもお悩みを抱えている方も多いでしょう。また、この症状を放っておくと、身体への懸念もありますので、治療をする事をおすすめします。

こうしたお悩みをお持ちで改善を希望しているという方、また、費用に関しても不安があり、保険適用の治療が可能かどうかお悩みの方も、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

日本臨床矯正歯科医会リンク集