初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診カウンセリングのご予約はコチラワンクリックで予約出来ます!! 初診カウンセリングのご予約はコチラワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

オーバージェットとオーバーバイトについて

上下の前歯の噛み合わせの状態を示す「オーバージェット」と「オーバーバイト」という専門的な用語をご説明します。

オーバージェットとは、上下の前歯の噛み合わせの状態「前後位置関係の状態」を示すものです。上の前歯が下の前歯より前に出ている場合は「+」の数値となり、逆の場合は「-」となります。通常は+2~3mm以内程度であれば正常といわれ、前後の距離が離れるほど、噛み合わせが悪い状態にある、という物差しになります。

噛み合わせの症状として上の前歯が前に出るほど、上顎前突(出っ歯)、下の前歯が前に出るほど、下顎前突(受け口)となります。 正常なケースでは上顎の前歯が少しだけ前方にせり出すものですが、上の歯と下の歯に隙間が正常値を超えてしまうと、食事の際に食べ物を噛み切る行為などに支障が出始めますので、治療を検討したほうが良いかもしれません。

もうひとつの基準であるオーバーバイトは、歯の噛み合わせの「深さ」を示します。
こちらは垂直的な噛み合わせを示すもので、噛んだ状態で上下の歯が重なるほど「+」の数値となり、噛んだ状態で上下の隙間が空いてしまう場合は「-」となります。通常は+2~3mm以内程度であれば正常といわれています。開咬(かいこう)の様に、上下の前歯同士が噛み合わない症状だと、この数字がマイナスで表現され、上下の歯が触れていないことを表します。

逆にこの数字がプラスに大きくなればなるほど噛み合わせが深いことを示し、症状としてはディープバイト(過蓋咬合)と呼ばれます。 ディープバイトの症状が進行すると、上の歯が下の歯に完全に重なってしまい、正面から見ても下の歯が見えない状態になります。症状がそこまで進行した場合、上の前歯の裏側の根元に接触することがあります。また顎の動きが制限されるため、顎関節に痛みが生じるようになります。さらに食事の時に歯茎を刺激されることで、歯肉炎になってしまうこともあります。

オーバージェットやオーバーバイトは、意外と気づかれにくいという特徴があります。歯列自体はキレイに並んでいる場合もあり、視覚的に不自然に感じにくいためです。 歯のデコボコが目につきやすい叢生などと異なり、一目で歯並びが悪いということが分かりにくいのです。そのため、機能的不正咬合といわれるように「食べる」という機能に対して問題が生じてくるケースがあります。

栄養摂取にとって噛むという行為は、非常に大切な機能です。もし虫歯もなく、歯並びもキレイに見えるお子さんが、食事を摂りづらそうにしているようなことがあったら、矯正専門開業医に相談してみるのが良いかもしれません。

日常的に暮らしているなかでは、歯の噛み合わせの深さや前後差などは、気付きにくいものです。そんな時は遠慮することなく、矯正専門開業医に相談してみることが大切です。

日本臨床矯正歯科医会リンク集