リテーナーとは

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

リテーナーとは

リテーナーとは保定装置といわれており、矯正装置で治療した歯を安定させる役割があります。歯列矯正は、矯正装置を装着している期間だけでなく、その後の動かした歯を安定させる保定期間もまた大切です。この期間中に歯をどのような状態にしておくのかが、後戻りを防止して美しい歯並びをキープしていくことに影響します。

矯正装置を外して間もない歯は、まだ周辺の骨が安定していないため、治療前の場所に戻ろうとします。これを「後戻り」といいます。この後戻りをさせないために、リテーナーを用いて歯や骨を適切な場所で安定させるのです。
矯正治療した歯や骨などを、正しい場所を記憶させ定着させていくのには時間を要します。そのためリテーナーによって、後戻りせずきれいな歯並びをキープしていくことが重要で、その保定期間を経てようやく歯列矯正の完了となります。

リテーナーには2種類あり、歯並びや口内の状態に合わせて選択します。
まず、ひとつめは、可撤式リテーナーは外すことが可能な保定装置です。ワイヤーで歯を抑えつつプラスチックで歯茎を覆うベックタイプ、後戻りしやすい前歯のみ固定するホーレータイプ、透明なマウスピースで全体を覆うタイプが用いられることもあります。これら3タイプは、食事や歯磨きのときに外さなければならないので、なくしたり、入れ忘れが発生したりして、問題になることがあります。

一方固定式リテーナーは、前歯の裏側に細いワイヤーを直接接着していますので、取り外しの手間がなく、なくしたり、入れ忘れたりするリスクはありませんが、硬いものを食べると外れたり、ブラッシングが下手だと歯石が溜まるという欠点があります。

ちなみに保定期間はどの程度かというと、歯の状態など個人差はありますが、1~3年と、矯正治療期間と同程度の日数を要すると言われています。しかし最近では、親知らずの生え方を確認するまで経過を診たり、成人矯正では10年以上保定期間が続くケースもあります。

日本臨床矯正歯科医会リンク集