ハーフリンガルブラケットについて

初診専用フリーダイヤル0120-78-1182
03-5701-8211
WEB予約 TEL MENU
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!
初診予約
カウンセリングのご予約はコチラ
ワンクリックで予約出来ます!!

KNOWLEDGE矯正歯科の基礎知識

ハーフリンガルブラケットについて

ハーフリンガルブラケットとは上の歯を舌側矯正、下の歯を表側矯正で治療する方法です。リンガルブラケットは歯の裏側に矯正装置を付けることで装置を見えにくくし、見た目の支障を軽減する治療法です。日常生活への影響を減らしながら治療を行なえますが、他の矯正治療よりも費用が高いことと装置が舌に当たり、しゃべりづらいことがデメリットとして挙げられます。

表側矯正は、逆に簡単に装置装着することができ比較的安価ですが、表側につけた矯正装置(特に上前歯)が目立ってしまうのが欠点です。そこで折衷案として提案されるのが半分だけ舌側矯正を施すハーフリンガルブラケットです。下半分だけ表側矯正にすることで、見えにくい矯正治療をしゃべりやすく、比較的安い費用で施すことができるからです。

上半分の歯に舌側矯正を行なう理由は、笑ったり喋ったり際に見える範囲が上の歯の方が多いためです。下の歯は口を開けても見えにくく、表側矯正を行なっても目立たないからです。そして下の歯は表側矯正を行なうことで、しゃべりやすく、技術が必要になる費用を軽減できます。

八重歯や出っ歯は上部の歯が前に出ていることが多い症状のため、表の歯に装置を施すと唇に引っかけて口内炎を起こしてしまうことが多くなります。よって、上前歯は舌側矯正の方が口内炎を起こしづらく、下前歯は表側矯正の方がしゃべりやすいため、日常生活をおくる上ではストレスの少ない装置選択になります。加えて費用は上下舌側矯正より、比較的安価におさえることができます。

日本臨床矯正歯科医会リンク集